aiko【あいこ】

歌手。大阪府出身、大阪音楽大学短期大学部卒。血液型はAB。
アマチュア時代に1995年「TEEN'S MUSIC FESTIVAL」TEEN'S大賞、1996年「MUSIC QUEST JAPAN FINAL」で優秀賞を受賞し、インディーズシーンに登場。
インディーズ時代より関西地区では知られた存在であったが、「あした」でメジャーデビューし全国区となる。「花火」で注目され、「カブトムシ」「桜の時」のリリースを経て、2000年3月アルバム「桜の木の下」を発表、以後実力派アーティストとして活躍。女性アーティストの中で、独自で確固たる地位を築く。
2000年12月「ボーイフレンド」、2003年「えりあし」、2004年「花風」、2005年「スター」、2006年「瞳」、2007年「シアワセ」、2008年「KissHug」、2009年「あの子の夢」、2010年「向かいあわせ」で紅白歌合戦出場。
作品「ナキ・ムシ」「初恋」「ロージー」「おやすみなさい」「あなたと握手」「今度までには」「蝶々結び」「アンドロメダ」「えりあし」「かばん」「花風」「三国駅」「キラキラ」「スター」「雲は白リンゴは赤」「シアワセ」「星のない世界/横顔」「二人」「KissHug」「milk/嘆きのキス」「戻れない明日」「向かいあわせ」「恋のスーパーボール/ホーム」、アルバムに「小さな丸い好日」「夏服」「秋 そばにいるよ」「暁のラブレター」「夢の中のまっすぐな道」「彼女」「秘密」「BABY」など。
2011年2月23日にベストアルバム「まとめ機廖屬泙箸甅供廚鯣表した。
「あたし」と「あなた」という二者のみに限定された世界の描写と、心情を天候や自然現象に仮託した歌詞が特徴。
今までのどの音楽にも左右されない独特の旋律、世界観は聴くもの全てを虜にさせる。ライブパフォーマンスにも定評がある(1975〜)。
→ AIKO アイコマン あいちゃん 歌う前髪一直線 

処理時間:0.027秒
ページトップへ

あっとあいこ。 MENU

powered by sozai-dx.com
Copyright (C) 2001-2011 潦(にわたずみ) All Rights Reserved.