Home百科事典花火

花火【はなび】

「あなた」をあきらめなければならなくなってしまった「あたし」。「あたし」は「あなた」との沢山の思い出と花火の最後の残り火に手を振った…。
(1)3rdシングル。aikoの出世作。2ndアルバム「桜の木の下」にも収録されている。カップリングは「親指の使い方」「相合傘」。1999年8月4日発売。ドラムに「すかんち」の小畑ポンプ隆彦氏、ベースに「マルコシアスバンプ」の佐藤研二氏を起用している。プロモーション盤は新茶のパック仕様。
作詞・作曲 AIKO、編曲 島田昌典。
(2)アニメ「まっすぐにいこう。」のエンディング。(1)のアレンジバージョン。「Love Like Rock vo.供廚了の同曲を思わせるようなアレンジ。
→ 親指の使い方 相合傘 

from aikoひとり暮らしを始めた狭いワン・ルームマンションで、“今から寝ようかな”、でも“今年も花火、見に行かれへんかったなぁ”ってゴロゴロしてたら、この歌の“♪夏の星座に〜”っていうサビが浮かんだんですよ。で、ハッと思って起きて、豆電球の下で作った曲ですね。だから歌い出しの歌詞は“♪眠りにつくかつかないか”、なんです。でもこの歌が出来た頃は、デビューしてキャンペーンとかで忙しくなって、ホント、花火を見に行けなかったんですよ。それは悲しい。あと、好きな人がいて、でも思いが伝わらなくて、それも悲しい。このふたつが一緒になって、この歌になりました。
処理時間:0.007秒
ページトップへ

あっとあいこ。 MENU

powered by sozai-dx.com
Copyright (C) 2001-2011 潦(にわたずみ) All Rights Reserved.